宮崎県立日南病院

お知らせ

「地域包括ケア病棟」について

更新日:2015年8月 1日

平成27年8月より、当院では、病状が安定した患者さんに対し、自宅や施設等に復帰するための医療や支援を行うため、5階東病棟を「地域包括ケア病棟として運用することとなりました。
 
対象となる患者さんは?
 ・ 一般病棟での入院治療で病状は改善したが、もう少し経過観察の必要な患者さん。
 ・ 自宅復帰または介護施設への入所などの準備中の患者さん。
 ・ 入院期間は病状にもよりますが、原則60日以内となります。
  ※ 実際に「地域包括ケア病棟」に入っていただく患者さんについては、医師が判断したうえで患者さん・ご家族のご了解をいただいてから移動をお願   いすることになります。

入院費は?
 ・ 入院費用は「地域包括ケア病棟入院料」として、1日あたりの定額になります。
   この額に入院基本料・投薬・注射・手術・処置料・検査料・リハビリテーション・画像診断料などの費用が含まれています。 (一部例外あり)
   治療内容によっては、一般病棟より自己負担額が増額する場合もありますが、1月の医療費の負担条件が定められていますので、一般病棟の場合 と負担限度額は変わりません。(例えば、75歳以上の方が1か月以上入院する場合、ほとんどの場合増額はありません)

地域包括ケア病棟のイメージ
図2.png  
その他の注意事項
   ・ 
当院では、土・日・祝祭日のリハビリテーションを実施していないため、リハビリテーションを受けている患者さんの退院は基本的に金曜日にお願いしています。 ご不便をおかけして申し訳ございませんが、御協力をお願いいたします。




このページの先頭へ