宮崎県立日南病院

慢性心不全看護認定看護師

慢性心不全看護認定看護師

・上野大助(2014年資格取得) ueno.jpg

 慢性心不全看護認定看護師は2012年に認定開始となり、歴史の浅い分野です。その役割の一部として、心不全患者さんの病気の状態に応じた生活調整や、日常生活の支援、心不全増悪因子の評価やモニタリングを行います。
 心不全とは、病名ではなく病態であり、あらゆる循環器疾患の先に心不全といわれる病態があります。心不全患者さんは人口の高齢化や、救急医療の救命率の向上により、年々、増加の一途を辿っており、今後も増加していくことが予想されます。心不全患者さんは、日常生活において活動制限や、日常生活上の制限を強いられます。そういった状況の中で、病気と上手く折り合いをつけながら、その人らしく生活するためのお手伝いをさせていただきます。また、院内全体の循環器看護における看護実践能力の向上を目指して、院内教育活動も充実させていきたいと考えています。

このページの先頭へ