宮崎県立日南病院

手術看護認定看護師

手術看護認定看護師

・大谷吉美(2015年資格取得)

大谷看護師.jpg

 手術をうける患者様やそのご家族は「手術ってどんなことをするの?」「痛いかな?」「無事に終わるだろうか?」「このまま目が覚めなかったらどうしよう。」と様々な思いを抱いて手術に臨まれています。患者様やご家族にとって手術室看護師は一番身近な存在であり、術前から術中、術後を通して少しでも安心して手術が受けられ、早期回復を目指したケアの提供に努めています。
 また手術は患者様を中心に医師・麻酔科医・看護師・臨床工学技師・放射線技師など多種多様な職種が一つのチームとなり、互いに連携しながら手術を行っています。その中で手術室看護師は潤滑油のような存在であり、安全に円滑に進行するためのコーディネートもさせていただいています。
 患者様やご家族に安心して手術を受けていただくためには、手術看護の質の向上が最重要だと考えています。そのために日々笑顔を絶やさず、チームワークを大切に、心のこもったケア、そしてスタッフ指導を心掛けたいと思います。
 手術とは人生の中でも大きな出来事であります。そこに一看護師として関わらせて頂いていること、それを忘れることなく日々精進していきたいと思います。

このページの先頭へ