宮崎県立日南病院

看護部教育体制

看護部教育体制

教育目的

  1. すべての看護職員が専門職として自律し、組織人として自覚を持つことができる人材を育成する。
  2. 患者とその家族に安全・安心・安楽で質の高い看護を行う人材を育成する。

教育目標

  1. 自己の役割と責任を自覚できるように支援する。
  2. 臨床における実践能力が向上できるように支援する。
  3. 根拠に基づいた看護が実践できるように支援する。
  4. 患者の人権を尊重し、個別性のある看護が行えるように支援する。
  5. 「看護サービス実践」「マネジメント能力」「教育・ 研究能力」の質を高めるように支援する。

県立日南病院看護職員教育体制

県立日南病院看護職員教育体制

教育計画

県立日南病院

コース 目的 内容
基礎コースI
  1. 看護実践に必要な基本的技術と知識を習得できる。
  2. 職場に適応できる。
  3. 看護師としての感性を育てる。
  4. チームメンバーとして
  1. 電子カルテ研修
  2. 看護記録研修
  3. 安全な薬の取り扱い
  4. 集中看護技術研修
  5. 静脈注射研修
  6. 感染管理研修
  7. 固定チームナーシング研修
  8. 救急看護研修
  9. 輸液ポンプ、シリンジポンプ操作研修
  10. 看護倫理研修
  11. 看護理論研修
  12. 新任者応援研修
基礎コースII
  1. ケースレポートの取り組みを通して、ナイチンゲール看護論を基にして看護過程の展開法を学び、自分の行った看護を振り返り、個別性のある看護が実践できる。
  2. 看護チームにおける役割を理解し、日々のリーダー業務ができる。
  3. 新たな看護の見学・体験により看護の視野や実践力を広げる
  1. ケースレポート研修


     
  2. リーダー研修
     
  3. 院内留学
     
基礎コースIII
  1. 「看護研究とは」がわかり、自己の疑問を明らかにし論述できる。
  1. 看護研究
ジェネラリストコースI
  1. 中堅者として必要な支援を行うことで人材育成に貢献できる
  1. 基礎Ⅰのプリセプター研修
  2. 実習指導者研修
ジェネラリストコースII
  1. 専門職として質の高い看護サービスを提供できる知識、技術、態度を養う
  2. 広い視野で学習を継続し自己啓発や自己研鑽ができる
  1. 看護研究
  2. 事例検討
  3. チームリーダー研修
  4. 主任技師研修
  5. 静脈注射研修
  6. 胃管・経管栄養カテーテル研修
  7. 臨時・非常勤看護職員研修
  8. 4月以外の新規採用者研修
ジェネラリストコースIII
  1. 看護チームの一員としての補助員としての役割を確認する。
  2. 看護補助員としての知識・技術・態度を身につける。
  1. 看護補助員研修
    • 看護を支える看護補助員の役割
    • 看護を支える看護補助員の看護技術
専門領域コース
  1. 各専門領域の看護実践に必要な知識・技術を看護職員に指導する
  • 9領域の看護推進会が研修を実施する
  • 9領域の看護推進会
    感染看護
    緩和ケア
    救急看護
    糖尿病看護
    リエゾン精神看護
    がん化学療法看護
    地域連携看護
    認知症看護
    皮膚・排泄ケア看護
看護管理コース
  1. 組織及び看護部の理念に基づき、管理者としての役割を認識し、職責を果たすための能力を開発できる。
  2. それぞれの立場において病院経営・管理に参画し、医療・看護の質向上のために寄与できる。
昇任主査・副師長・師長研修
院外研修 学会、研修、セミナーに参加して各職位、看護の専門性や充実を図る 看護部長・副看護部長・師長・副師長・認定看護師、各部署の看護師・各看護推進会・各看護部委員会より院外研修を受講する。

※新人看護師には、厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」に基づいた研修体制を実施しており、他施設からの研修生も受け入れています。また、新人看護師には各部署のプリセプター、教育担当副師長、看護師長、院内教育委員、教育担当副看護部長、看護部長によるサポート体制がとられています。

宮崎県 病院局

コース 目的 内容
新規採用職員研修
  1. 県職員としての自覚を啓発し、職務を遂行するために必要な知識を習得する。
  2. キャリア開発・キャリア開発プログラムの概念が理解できる。
  1. 県職員としての心構え
     
  2. キャリア開発について
基礎コースI
  1. 職業感染管理法の方法を理解できる。
  2. 手順に従って基本的な看護技術を実施できる。
  3. 看護記録および診療情報に関する看護者の役割や責務を理解する。
  4. 今まで頑張った自分を認め、看護専門職として自信がもてる。
  1. 職業感染管理
  2. 合同技術研修
     
  3. 看護記録研修
     
  4. メンタルヘルス研修
基礎コースII
  1. 患者の全体像を把握し看護の方向性を見いだす。看護の視点で病気をみつめる。
  2. 新人看護師を理解し支援・育成する姿勢や態度を学ぶ。プリセプターシップについて理解する。
  1. 看護過程
     
  2. プリセプター研修
基礎コースIII
  1. 自己の歩みを振りかえり、これからめざす姿を描くことができる。
  2. キャリア開発・キャリ ア開発往路グラムの概念を再確認する。
  3. 看護専門職の責務・役割を再認識する。
  1. メンタルヘルス
     
  2. 私のキャリア開発
ジェネラリストコース
  1. 看護サービス実践
    • 災害医療に関する基礎知識や対策の概要、災害看護の特殊性を理解する。
    • 宮崎県の災害時体制・ネットワークを理解し、県立病院の役割と機能を認識する。
    • 災害医療チームにおける看護の役割について理解する。
    • トリアージの意義・原則を理解し、患者の状態にあった応急処置のポイントが理解できる。
  2. マネジメント
    • コミュニケーションとリスクの関係について理解する。
    • 効果的な最善の医療・看護を提供するためにコミュニケーション能力を高める
  3. 教育・研究
    • EBNの概念を理解し看護実践に生かす視点・方法を学ぶ。
    • 看護実践にエビデンスを活用する方法を理解する。
  1. 看護サービス実践研修
    • 災害医療と看護








       
  2. マネジメント研修
    • リスクマネジメントとアサーティブコミュニケーション

       
  3. 教育・研究研修
    • EBN
専門領域コース
  1. 地域連携看護
    • 社会の動向、地域と連携等の現状を踏まえ、地域医療連携に関わる看護師の役割を理解する。
    • 退院調整における組織行動についてリーダー的役割を発揮することができる。
  2. 糖尿病看護
    • 糖尿病に取り組むための知識・技術・態度の向上をはかる。
    • 看護実践推進計画・実践報告を通して役割が理解できる。
  1. 地域連携看護




     
  2. 糖尿病看護
    (フォローアップ研修)
看護管理コース
  1. 看護管理者
    • 経営効率、経済効果を考慮したスタッフ指導、病棟管理ができる。
    • 患者サービスについて管理者の役割が理解できる。
  2. 人材育成担当者
    組織の理念、経営目標を達成するための中心的要素である人材の育成・活用等人的資源管理に必要な知識・技術・態度を学ぶ。
  1. 看護管理者研修
    • 看護管理と経営
    • 経営的視点から看護管理者は何をするべきか
       
  2. 人材育成担当者研修
    人材育成と活用
派遣研修
  1. 地域医療を担う病院において、その経営・運営管理に不可欠な病院マネジメントに関する応用知識を総合的に習得する
  2. 社会が求めるヘルスサービス及び質の高い組織的看護サービスを提供するために必要な経営管理に関する知識・技術・態度の修得をめざす。
  3. 特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて看護実践ができ、他の看護職員のケアに資する。
  4. 臨地実習受け入れ施設における実習指導者の育成と看護教育内容の充実向上を図る。
  5. 実際の看護業務に従事することで、他施設の業務内容やシステム等を学ぶ。
    学んだ事を検討し、自施設に導入することで職員の意識改革や経営の効率化をはかる。
  1. 地域医療連携マネジメント研修
    (看護部長研修)
    ・理論編
    ・実践編
  2. 認定看護管理者
    教育課程
    サードレベル
     
  3. 認定看護師教育課程

     
  4. 実習指導者研修

     
  5. 先進病院派遣研修

※新人看護師には、厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」に基づいた研修体制を実施しており、他施設からの研修生も受け入れています。また、新人看護師には各部署のプリセプター、教育担当副師長、看護師長、院内教育委員、教育担当副看護部長、看護部長によるサポート体制がとられています。

このページの先頭へ