宮崎県立日南病院

あいさつ

あいさつ

 日南病院看護部は「地域に暮らす人々と共に心あたたかな医療を進め、質の良い看護の提供に努めます」を理念とし、患者さんやご家族の心によりそいながら信頼される看護が提供できるよう、日々研鑽に努めています。

 医療圏の高齢化率は宮崎県の中でも高く、患者さんが安全に安心して入院生活が送れるように多職種協働で支援する体制を整えています。褥瘡対策や栄養サポートなどにおいては、患者さんに最も近い存在である看護師が、チームのマネジメント役として活動しています。

 また、看護師一人一人が主体的にキャリアアップできるように「キャリア開発プログラム」に基づいた教育システムの充実を図り支援しています。

 医療圏の中核となる急性期病院の看護師として、患者さんが住み慣れた地域で治療を受け自分らしい生活に戻れるように看護の力で支援していきたいと思っています。

柿本千代
副看護部長
教育担当

沼口文枝
副看護部長
業務担当

中武聡子
看護部長

日高由美子
看護師長
教育担当

看護部の理念・看護部方針

看護部理念

地域に暮らす人々と共に心あたたかな医療を進め、質の良い看護の提供に努めます。

看護部方針

  1. 私たちは、専門職としての自覚と責任を持ち、個別性のある看護を行います。
  2. 私たちは、患者・家族の皆様に誠意を持って十分な説明をし、安全で安心でき る看護を提供します。
  3. 私たちは、患者さまの持てる力を見出し、自立を支援し、地域へ継続する看護 を提供します。
  4. 私たちは、お互いを尊重し協力し合って、患者さま中心のチーム医療を実践し ます。
このページの先頭へ