宮崎県立日南病院

平成28年度 宮崎県立日南病院 病院指標

平成28年度 宮崎県立日南病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 185 164 207 283 208 431 1116 1262 1342 346
60歳以上の患者さんの入院割合が7割を超えています。
内訳としては悪性腫瘍、脳血管疾患、心疾患が多数を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし なし なし 47 21.47 21.25 21.28 82.89
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 なし 28 26.21 19.92 10.71 76.68
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし なし なし なし 27 19.15 14.83 22.22 76.11
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 1あり 26 29.00 37.06 3.85 73.19
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし なし なし なし 23 12.09 9.08 8.70 74.30
内科で最も多い症例は、肺炎に対する治療です、患者さんの平均年齢も高齢で、軽度の肺炎でも重症化する恐れがある場合は入院加療を行うため、患者数が多くなっています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 4あり なし 73 11.34 4.64 1.37 65.51
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 1あり なし 28 12.79 21.29 3.57 70.00
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 27 7.78 5.29 0.00 69.41
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 なし なし 26 15.23 11.06 7.69 78.42
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 4あり 23 18.00 17.48 0.00 68.16
外科で最も多い症例は、乳癌に対する化学療法入院です。次いで多いのは、肺悪性腫瘍手術を目的とした肺癌の入院です。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 なし なし 39 11.28 11.83 7.69 83.64
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし あり なし 39 2.03 3.20 0.00 66.31
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし なし なし 24 20.33 19.35 33.33 69.76
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし なし 4あり なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 13.91 16.54 4.35 71.78
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし なし なし 19 6.68 7.52 10.53 68.16
脳神経外科で最も多い症例は、硬膜下血腫に対して慢性硬膜下血腫穿孔洗浄等の手術を行うケースです。
未破裂動脈瘤等に対して造影検査をする為の入院で平均在院日数も約2日と短くなります。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 なし なし 54 6.11 7.44 0.00 78.13
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし あり 51 2.88 2.68 0.00 74.53
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 26 8.23 7.78 0.00 75.38
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 なし なし 24 5.92 5.83 0.00 64.63
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし なし 3あり なし 12 30.83 15.07 0.00 75.42
泌尿器科で最も多い症例は、膀胱癌に対しての悪性腫瘍手術の為の入院です。次いで前立腺癌検査の生検が多いです。
次いで多いのが、前立腺肥大症に対しての経尿道的レーザー前立腺手術目的の入院や上部尿路結石等に対して結石除去等となっています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 71 8.46 6.23 0.00 78.17
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 15 4.13 2.91 0.00 78.80
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 11 7.55 9.15 0.00 77.73
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり あり なし - - 9.54 - -
020220xx97xxx1 緑内障、手術あり  両眼 - - 14.33 - -
眼科で最も多い症例は、白内障に対しての手術の為の入院です。
次いで多いのが、緑内障手術、加齢黄斑変性等に対する硝子体茎顕微鏡下切断術です。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 1あり なし なし 129 3.37 3.06 2.33 69.98
050130xx99000x 心不全 手術なし なし なし なし 51 24.35 17.95 5.88 79.47
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 なし、1,2あり なし なし 48 8.71 4.71 0.00 72.40
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり なし、1,3あり なし なし 27 15.33 11.38 3.70 79.52
050030xx97000x 急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞 手術あり なし なし 15 13.33 13.02 0.00 76.67
循環器内科で最も多い症例は、狭心症等に対するカテーテル検査の為の入院です。検査入院のため、在院日数は約4日と短いです。
次いで心不全の治療が多いです。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) なし 26 6.00 6.02 0.00 2.69
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし なし なし 22 7.41 5.79 0.00 5.45
150010xxxxx0xx てんかん 手術なし なし なし 11 5.55 5.50 0.00 8.18
010230xx99x00x ウイルス性腸炎 なし 11 3.27 7.12 0.00 8.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 11 4.36 4.83 0.00 3.82
小児科で最も多い症例は、気管支炎や肺炎です。
次いで多いのがてんかんやウイルス性腸炎です。
ほとんどの患者さんが15歳未満です。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 78 24.53 27.63 43.59 84.79
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 48 19.46 26.26 2.08 75.52
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり あり 34 13.41 10.63 0.00 70.09
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 23 21.83 24.42 0.00 79.04
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 22 30.41 28.19 0.00 69.45
整形外科で最も多い症例は、股関節大腿近位骨折に対する人工骨頭挿入術の為の入院です。
次いで多いのが、膝関節症に対する人工関節再設置術を目的とした入院や骨折での入院です。ほとんどの症例で運動器リハビリを行います。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 64 11.16 9.88 28.13 32.69
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし なし なし 57 3.82 6.18 5.26 0.30
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 50 10.90 6.86 4.00 30.70
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 39 8.15 9.77 25.64 32.54
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし なし 38 30.45 20.79 5.26 32.92
診療科名は産婦人科となっていますが、症例のほとんどが産科、新生児科系疾患で、婦人科症例は少数です。
羊水過小や、胎児発育不全、既往帝切後妊娠に対する帝王切開を行う症例が最も多いです。次いで低出生体重児の療養、分娩異常を含む母胎管理が多くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 15 17 20 16 - 1 7
大腸癌 14 38 32 50 29 20 1 7
乳癌 - 27 - 47 - 16 1 7
肺癌 20 - 12 42 18 31 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院の5大癌中、最多件数が大腸癌で、次いで肺癌、乳癌、胃癌、肝癌の順となっており、stageⅠやⅡは比較的入院期間が短く患者数も少ないですが、stageⅢやⅣは入院期間が長く、患者数も多いです。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 13.00 45.73
中等症 42 22.07 82.21
重症 10 24.90 80.80
超重症 10 15.06 73.10
不明 - - -
患者数が最も多いのは、中等症2です。
超重傷も少しですが存在します。
平均年齢・入院日数と重症度は概ね比例関係にあります。
また重症度の低い患者さんであっても、重症化の恐れがある場合は、入院にて治療するケースもあります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均
在院日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 127 20.02 78.04 24.41
その他 11 25.73 72.91 18.18
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 22 7.59 78.14 4.55
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63(脳梗塞等)の患者さんのほとんどが、発症3日以内に病院を受診しており、エダラボンや手術等の治療を受けています。
I65(内頚動脈狭窄症等)の患者さんは、発症3日後以上経ってからの来院が主で、血管内ステント留置術等の治療を受けています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K610-3 内シャント術 39 8.25 17.44 12.82 73.92
K654 内視鏡的消化管止血術 10 24.00 6.50 20.00 78.80
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 - - - - -
内科では、人工腎臓のためのシャント設置の手術が最も多く、次いで消化管出血等に対しての内視鏡的消化管止血術が多いですが、手術の総数は他の診療科よりは少ない傾向にあります。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 63 1.88 3.63 3.17 65.94
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 4.12 7.62 8.33 65.42
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 32 7.35 11.15 28.13 77.00
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 20 6.62 14.54 40.00 76.80
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 4.94 15.19 5.00 70.16
外科で最も多い手術は、ヘルニアに対してのヘルニア手術です。次いで胸腔鏡下胆嚢摘出術や結腸切除等の手術が多いです。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 1.00 8.00 16.00 82.62
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む 18 4.55 13.72 55.56 72.17
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 1.71 16.43 29.41 66.65
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 13 9.00 8.83 23.08 78.77
K178-4 経皮的脳血栓回収術 12 6.00 15.00 41.67 76.67
脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で、次いで多いのは脊椎固定術や脳血管手術等です。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 58 2.31 3.00 1.72 78.33
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 25 2.48 4.61 0.00 75.72
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 25 2.16 2.80 0.00 64.60
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 2.40 4.20 0.00 76.18
K8352 陰嚢水腫手術 その他 - - - - -
泌尿器科で最も多い手術は、膀胱悪性腫瘍手術で、次いで経尿道的レーザー前立腺切除術や経尿道的尿路結石除去術が多いです。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 169 1.79 4.26 5.33 77.62
K2682 緑内障手術 流出路再建術 - - - - -
K2683 緑内障手術 濾過手術 - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
眼科で最も多い手術は、白内障等に対して行う水晶体再建術で、次いで多いのが緑内障の手術です。
白内障の手術は、1回の入院で両目の手術を行うこともあります。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 66 4.61 6.82 0.00 73.36
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 29 0.00 31.00 0.00 69.83
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 3.57 8.86 0.00 79.57
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 11 1.64 3.73 0.00 72.72
K596 体外ペースメーキング術 10 1.75 23.00 0.00 81.40
循環器内科で最も多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術です。次いで多いのが、ペースメーカー移植術です。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
    - - - - -
    - - - - -
    - - - - -
小児科ではほとんど手術は行っておらず、手術に関しても2種類と他の科に比べると少ないです。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 101 2.65 17.92 35.64 76.08
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 100 4.73 12.19 69.00 76.37
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 68 2.58 11.68 64.71 67.04
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 36 4.03 21.03 27.78 78.50
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿、前腕) 31 1.06 6.82 35.48 61.10
整形外科で最も多い手術は、肩甲骨、上腕、大腿の骨折観血的手術で、次いで多いのが人工股関節置換術や前腕、下腿、手舟状骨の骨折観血的手術です。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 72 12.23 7.50 0.00 31.97
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 56 11.80 6.39 0.00 32.77
K867 子宮頸部(腟部)切除術 18 1.06 2.11 0.00 48.44
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 12 1.30 8.10 0.00 49.67
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
産婦人科で最も多い手術は、帝王切開術です。次いで子宮頸・膣部切除術や附属器摘出術が多いです。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.22
180010 敗血症 同一 20 0.36
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.32
異なる - -
DICは、重症基礎疾患から起こるため、契機疾患と医療資源を最も投入した疾患が異なる場合が多いです。
敗血症、合併症については、それぞれの治療目的で入院するため、契機疾患と医療資源を最も投入した疾患がほぼ同一です。

更新履歴

-/-/-
-
このページの先頭へ