宮崎県立日南病院

血液検査部門

血液検査部門

 血液検査室では、主に赤血球、白血球、血小板などの数を測定する血球分析、形態学的検査(血液像検査、骨髄検査)、凝固・線溶検査を行っています。血球分析や凝固検査は自動分析機で測定しています。

血球分析

 血液中の赤血球、白血球、血小板などの細胞成分の数やヘモグロビン量やヘマトクリット値を測定することで、貧血や白血病、感染症などを知る手がかりになります。

形態学的検査

 血液をスライドガラスに塗抹して染色し、顕微鏡で異常細胞の有無などを観察します。血液疾患の診断や治療効果判定の手がかりになります。
 骨髄(血液細胞が造られている組織)から骨髄液を採取し、塗抹標本を作製し細胞を顕微鏡で観察します。

凝固・線溶検査

血液を凝固させる働き(凝固系)と凝固系の作用で固まった血液を溶かし分解する働き(線溶系)を調べる検査です。手術前や経口抗凝固剤(ワーファリン)を投与されている患者様の薬の効果を確認するために必要な検査です。

 

このページの先頭へ