宮崎県立日南病院

病理検査部門

病理検査部門

 平成11年から常勤病理医と細胞検査士による体制で病理組織診断、細胞診診断を行っています。病理組織・細胞診断とは、患者様から採取された検体(細胞・組織・臓器)からプレパラート標本を作製し、顕微鏡で詳しく観察・検討し、癌細胞の判定や病気の診断を行う業務です。手術中の迅速診断も行っており、手術の適正な進行に貢献しています。
 より適切な診断をするためには臨床医との連携が重要になります。外科・放射線科、泌尿器科とのカンファレンスを行い、診断・治療に貢献しています。

このページの先頭へ