宮崎県立日南病院

輸血検査部門

輸血検査部門

 手術や重度の貧血などで輸血の必要な時に実施する検査です。輸血が必要と判断されると血液型・抗体検査の他に、緊急手術・待機的手術に使用する血液製剤との交差適合試験等を実施して適合血か否かを判定し、血液製剤を提供します。
 また、出血がある程度予測できる手術で術前に患者様自身の血液を採取し、術後に輸血する自己血貯血も実施しています。輸血療法委員会、輸血研修会を検査室主催で実施し、適切かつ効率的な輸血実施に努めています。

血液製剤の管理保管について

 当院では日本赤十字社血液センターの血液製剤を備蓄する日南地区備蓄病院となっています。厳重に温度管理された保冷庫・冷凍庫に各製剤に分けて保管し、日南地区の他病院への緊急輸血依頼に24時間で対応しています。

このページの先頭へ