宮崎県立日南病院

歯科口腔外科の紹介

歯科口腔外科の紹介

 当科では、口腔・顎・顔面領域に発生する全ての疾患(下記参照)に対する診察・処置を行っています。
 また当院の他科入院中の患者さまの口腔ケアや歯科治療を行い、退院後は、かかりつけや近くの歯科医院を受診してもらっています。
 外来診療日は、月・火・木・金曜日の午前は新患、午後は再診で、原則として紹介予約制です。また、水曜日の午前は、不定期で、全身麻酔下に行う手術が入る場合があります。
 外来処置では、親知らずの抜歯、嚢胞(顎の骨や口の中にできる袋状の病気)の摘出をはじめとした局所麻酔下に行える小手術を行っています。
 入院では、手術が必要な場合は、全身麻酔下に行い、その後、経過を観て、退院していただいています。
 また、患者さまの症状に応じた医療を提供していくために宮崎大学医学部附属病院をはじめとした大学病院と病病連携(病院と病院の連携)を行っています。
 今後も日南市・串間市圏域住民の皆さまの口腔における健康のために、医療の向上と充実に心がけ、地域医療機関との連携をさらに密にしていきたいと思います。

主な取り扱い疾患

  • 先天性および後天性異常(唇顎口蓋裂、受け口、埋まっている歯など)
  • 外傷(舌や唇のけが、歯の損傷、顎の骨折など)
  • 炎症性疾患(歯が原因の炎症、腫れなど)
  • 嚢胞(顎の骨や口の中にできる袋状の病気)
  • 腫瘍<良性・悪性>(口の中にできるできもの)
  • 口腔粘膜疾患(口内炎など)
  • 顎関節疾患(顎の関節の痛みや音、顎の関節の脱臼など)
  • 神経疾患(顔面の痛みやしびれ、麻痺など)
  • 唾液腺疾患(口の中の乾きや唾液の出る管にできる石など)
このページの先頭へ