宮崎県立日南病院

感染管理科の紹介

感染管理科の紹介

感染管理科の紹介

「感染管理科」は院内における感染防止対策を強化するために、平成27年4月に設置されました。

感染管理科の構成員は、感染管理科部長(インフェクションコントロールドクター)と感染管理認定看護師(専従)の2名です。
患者及び職員に安全で快適な医療環境を提供するために、院内感染症対策委員会や感染対策チームと連携して、組織的な感染防止対策の推進に取り組んでいます。

主な活動

 ・感染対策チーム(ICT)ラウンド
 ・サーベイランス
 ・耐性菌検出時の対応
 ・アウトブレイク時の対応
 ・感染に関する相談窓口
 ・感染対策マニュアルの作成と改訂
 ・職員の健康管理(血液汚染・切創・皮膚・粘膜曝露対策、流行性ウイルス疾患対策、結核)
 ・職員への感染防止対策に関する教育
 ・地域の感染防止対策に関する相談対応

このページの先頭へ