宮崎県立日南病院

臨床研修を行う診療科ごとの研修カリキュラム概要

臨床研修を行う診療科ごとの研修カリキュラム概要

(1)研修プログラムの名称

 県立日南病院群卒後臨床研修プログラム

(2)研修プログラム

 当院は、日南串間医療圏の中核病院として急性期医療や高度医療、救急医療を担う県立病院である。圏域のみならず鹿児島県からの来院者もあり、臨床例も豊富である。又、中核病院としての機能を充実するとともに、患者の紹介などを通じ民間医療機関との連携を推進している。これらのことを踏まえ以下のとおり研修計画を策定する。

  1. 基本的には県立日南病院で研修を行うが、精神科及び地域医療、地域保健については、協力型病院等で実施する。
  2. 研修科目
    1. 基本研修科目(必修)
      内科(6か月)、救急(3か月)、地域医療(1か月)
    2. 選択必修研修科目(2科目以上)
      外科、整形外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科
    3. 自由選択科目
      内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、皮膚科、麻酔科、放射線科、臨床検査科(病理部門)、地域医療、地域保健
  3. 本院の研修プログラムは、基本研修科目の内科(6か月)、救急(3か月)、地域医療(1か月)、選択必修科目Ⅰ(1~4か月)、選択必修研修科目Ⅱ(1~4か月)を基本プログラムとし、残りの期間を研修医の自由選択研修期間とする。
    なお、選択必修科目3科目目を選択する場合は、自由選択科目として取り扱う。
    また、救急部門の研修については、循環器内科、麻酔科等で集中的に行うほか、月3~4回の当直・日直において実施する。
【例示】
1年目   2年目  
・内科(必修) 6か月 ・地域医療(必修) 1か月
・救急部門(必修) 3か月 ・選択必修研修科目Ⅱ 3か月
・選択必修研修科目Ⅰ 3か月 ・自由選択科目 8か月
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 内科(必修) 救急(必修) 外科(選択必修)
2年目 地域
医療
小児科(選択必修) 自由選択科目

(注)1 精神科及び地域医療、地域保健の研修は、協力型病院等で行う。
(注)2 麻酔科、救急部門は、麻酔科及び救急センターで研修を行う。

(3)臨床研修の目標

 2年間の研修を本院及び協力型病院等で行い、全人的な診療を行えるよう基礎的な知識、技能、態度を身につけ、基本的な診療能力を修得し、厚生労働省の示す「臨床研修の達成目標」を達成する。

(4)研修期間

  • 研修期間は2年とする。
  • 研修後は、1年更新のレジデント制度を設けている。

(5)研修協力病院及び協力施設

研修科目 病院及び施設の名称
全診療科 宮崎大学医学部附属病院
精神科 医療法人同仁会 谷口病院
医療法人十善会 県南病院
小児科 宮崎医療生活協同組合 宮崎生協病院
地域医療 きよひで内科クリニック
長崎県富江病院
長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センター
串間市民病院
日南市立中部病院
地域保健 宮崎県日南保健所

プログラム責任者の氏名等

区分 役職及び診療科 氏名
プログラム責任者 副院長兼栄養管理科部長 原 誠一郎

臨床研修を行う診療科ごとの研修カリキュラム概要

基本研修科目(必修)

選択必修科目

自由選択科目

このページの先頭へ