宮崎県立日南病院

集中治療カリキュラム

集中治療カリキュラム

1.一般教育目標

 重篤な術後患者または重症患者の全身管理の基本的な知識と技能を習得する。

2. 研修の目的

  1. 重症患者の生体情報を描写するモニタの基本的な取り扱い法について学ぶ。
  2. 重症患者の治療を体験する中で、酸素療法と人工呼吸器の作動原理を学ぶ。
  3. 臓器循環を維持するために必要な循環作動薬の使用法と体液管理を学ぶ。
  4. 集中治療室での院内感染対策を学ぶ。

3. 目標達成のための具体的行動計画

(1) モニターの使用方法と見方

  1. 血圧計
  2. パルスオキシメーター
    作動原理、長所と短所、Pa02値とSp02値との関係
  3. 心電計
    12肢誘導の使用方法、呼吸回数の表示との関係

(2) 酸素療法

  1. 酸素マスク・鼻カニューラ
    各種の使用方法、酸素マスクと酸素濃度との関係、気管挿管の適応
  2. 人工呼吸器
    作動原理、各種の呼吸モード、呼吸器からの離脱の手順

(3) 循環

  1. 循環作動薬
    昇圧薬の作用機序、降圧薬の作用機序
  2. 抗不整脈薬
    薬剤の種類、使用上の注意
  3. 除細動器
    使用方法

(4) 輸液療法

  1. 輸液
    細胞外液用輸液の特徴、維持用輸液の特徴、末梢栄養の特徴
  2. 中心静脈栄養
    各種栄養輸液の特徴、IVHルートの使用上の注意

(5) 集中治療室の感染対策

 手洗いの意義、帽子・ガウン・下履き不用の意味、IVHカテ挿入時の対策

5. 研修スケジュール(週間スケジュール)

      毎日 午前8時30分から午前9時までICUカンファレンスに出席後、患者の全身管理に携わる。

6. 評価

 研修終了後、目標への達成度を自己評価し、指導医の評価を受ける。

このページの先頭へ