宮崎県立日南病院

整形外科研修カリキュラム

整形外科研修カリキュラム

1. 一般教育目標

 整形外科医として必要な基本知識、技能、態度を修得する。

2. 行動目標

(1) 整形外科医の基本的態度

 整形外科は、身体的な機能的障害を有する患者と接するので、患者の残存能力をいかに活用し、早く社会復帰させるかを念頭において行動する。

(2) 診察能力

  1. 主訴、現病歴、家族歴、既往症の要点の記録
  2. 頸椎、胸腰椎の診察
  3. 四肢関節の診察
  4. 手の外科の的確な診察
  5. 読影能力(X線、CT、MRI、脊椎造影)

(3) 研修する診察能力

  1. 創傷の局所処置
  2. 出血性ショック
  3. 交通事故等外傷の初期的治療
  4. 他科の合併症を有する患者の処置
  5. ギブス包帯

3. 目標達成のための具体的行動計画

(1) 基本的診療法

  1. 面接技法(診療情報の収集、患者・家族とのコミュニケーションを含む)
  2. 全身の観察(バイタルサイン、精神状態など)
  3. 骨・関節・筋肉系の診察ができる
  4. 神経学的診察ができる
  5. 小児の診察ができる

(2) 基本的検査法

  1. 一般検尿、血液像、心電図から全身状態の把握ができる
  2. 血液型判定、交差適合試験ができる
  3. 血液免疫血清検査の評価ができる
  4. 関節液の採取により関節液の評価ができる
  5. 単純X線を的確に指示し結果を評価できる
  6. 造影検査の手技を修得し結果を評価できる
  7. CT及びMRIにより部位的、質的診断ができる
  8. 特殊検査(筋電図、骨密度など)を理解し結果を評価できる

(3) 基本的治療法

  1. 療養指導(安静度、食事、体位など)が的確にできる
  2. 薬物治療(抗生剤、鎮痛剤など)が的確にできる
  3. 輸液の指示が的確にできる
  4. 輸血(自己血含む)の判断・指示が的確にできる
  5. 基礎疾患に応じた食事、運動療法などの指示が的確にできる

(4) 基本的手技

  1. 創部のガーゼ交換が清潔操作下にできる
  2. 術後のドレーンの管理が的確にできる
  3. 局所麻酔が適量で迅速にできる
  4. 創部の消毒が十分な範囲で迅速にできる
  5. 切開、排膿ができる
  6. 皮膚縫合が実施できる
  7. 包帯固定が的確にできる
  8. 頻度の高い脱臼(肩など)の整復法を理解し実施できる
  9. 軽度の外傷・熱傷の処置ができる
  10. 必要なギブス(シーネ)の範囲を理解し施行し、合併症を回避できる
  11. 直達、介達牽引が的確にできる
  12. 物理療法を理解し疾患に応じて指示ができる
  13. 術後疼痛及び全身管理ができる
  14. 術後早期からのリハビリを理解し実施できる

(5) 救急処置法

  1. バイタルサインの把握が的確にできる
  2. 重症度及び緊急度の把握が迅速にできる
  3. 指導医や専門医への連絡・移送が迅速にできる
  4. 外傷の初期治療(洗浄・デブリードマンなど)が的確にできる
  5. 開放骨折・血管損傷の手術の必要性が判断できる

(6) 人間関係

  1. 患者・家族とのコミュニケーションが良好にできる
  2. 入院による生活習慣変容への配慮ができる
  3. 安静の必要性など療養指導で患者の理解を得ることができる
  4. 患者・家族の個人情報の管理ができる

(7) 予防医療

  1. 基礎疾患に応じた食事療法を理解し指示できる
  2. 機能障害を少なくする運動療法を理解している
  3. スポーツ障害予防のための基礎知識を理解し指示できる
  4. 院内感染に関する知識があり予防の実施ができる

(8) チーム医療

  1. 指導医や専門医にコンサルテーションが的確にできる
  2. 他科、他施設への紹介・移送が的確にできる
  3. 医療・福祉・保健の幅広い職種との連携ができる
  4. 指導医及び同僚医師との協力が十分できる

(9) 医療記録

  1. 診療録が適切に作成・管理できる
  2. 処方箋・指示箋が的確に作成できる
  3. 診断書(死亡診断書)、証明書が的確に作成できる
  4. 紹介状及び紹介状の返事が適切に作成できる

(10) 診療計画

  1. 必要な情報の収集が迅速にできる
  2. プロブレムリストの作成が的確にできる
  3. 診療計画(診断、治療、説明)の作成が適切にできる
  4. 入退院の判断が的確にできる
  5. 症例呈示、要約が的確にできる
このページの先頭へ