宮崎県立日南病院

外科研修カリキュラム

外科研修カリキュラム

1. 一般教育目標

1) 研修の目的

 科学的根拠に基づいた外科に関する基本的診療能力を修得し、プライマリケアの診療能力も身につける。

2) 研修の目標

  1. 外科系疾患患者の病歴、診察所見を的確に速やかにとることができる。
  2. 病態を速やかに判断し、検査および治療方針を決定することができる。
  3. 外科診療に必要な検査を習熟する。
  4. 外科的基本手技を理解し、自ら実施できる。
  5. 術後管理の基本が的確にできる。
  6. 患者と家族に検査結果や治療方針などを解りやすく説明できる。
  7. 末期医療にあたっては、個々の患者に対応した治療計画を実施できる。

2. 目標達成のための具体的行動計画

1) 経験出来る診察法、検査、手技

  1. 基本的診察ができる
    胸部、腹部を中心に全身
  2. 基本的臨床検査(自ら実施、または検査の適応の判断、結果の解釈)ができる
    血液型判定・交差適合試験、末梢血液検査、尿検査、細菌学的検査・薬剤感受性検査、血液ガス分析、心電図、肺機能検査、細胞診・病理学的検査、内視鏡検査、超音波検査、単純X線検査、造影X線検査、CT検査、核医学検査
  3. 基本的手技ができる
    気道確保、人工呼吸、圧迫止血法、注射(皮内、皮下、筋肉内、静脈確保)、採血(静脈血、動脈血)、穿刺法(胸腔、腹腔)、導尿法、ドレーン・チューブ類の管理、胃管の挿入と管理、創部消毒とガーゼ交換、局所麻酔法、切開排膿、皮膚縫合、気管内挿管、除細動
  4. 基本的治療法ができる
    療養指導、薬物療法、輸液、輸血
  5. 医療記録の記載ができる
    診療録、処方箋、診断書、死亡診断書、診療情報報告書、カンファランスにおける症例呈示

2) 経験出来る疾患・病態

  1. 呼吸器系疾患
    肺癌、自然気胸、縦隔腫瘍、胸部外傷(外傷性血気胸、肋骨骨折)、呼吸不全、肺炎
  2. 消化器系疾患
    食道癌、食道静脈瘤、胃癌、胃・十二指腸潰瘍、腸閉塞、急性虫垂炎、大腸癌、痔核、痔瘻、胆石、胆嚢炎、胆管癌、膵炎、膵臓癌、肝炎、肝硬変、肝臓癌、腹膜炎、ヘルニア
  3. 内分泌疾患
    乳腺腫瘍、甲状腺腫瘍

3. カリキュラムの特徴

  1. 指導医とともに、入院時から退院時、可能なら外来通院まで患者の診療にあたることができる。
  2. 1年次には外科的手技は勿論、採血や点滴も行うことができる。
  3. 当院は救急患者も多いので、プライマリーケアーおよび重症者のICU管理も研修することができる。
  4. 放射線科医、病理医を交えた術前術後カンファランスや消化器カンファレンスにも参加し、症例呈示やディスカッションを行うことができる。
  5. 指導医以外からの指導も受けられ、幅広い知識を得ることができる。
このページの先頭へ