宮崎県立日南病院

泌尿器科研修カリキュラム

泌尿器科研修カリキュラム

1. 一般研修目標

(1) 研修の目的

 泌尿器科領域の疾病におけるプライマリー・ケアの修得を目標とする。

(2) 研修の目標

  1. 主要な泌尿器科疾病を理解した上で、正確で適切な病歴が聴取できる。
  2. 血尿、排尿障害、尿失禁の検査手順が作成でき、鑑別診断ができる。
  3. 前立腺の診断で、正常・肥大症・癌の鑑別ができる。
  4. 尿路結石の診断手順を決定できる。
  5. 停留睾丸(非触知精巣についても)、尿道下裂の診断ができ、適切な治療計画を立てることができる。
  6. 腎後性腎不全の病態を理解し、適切な治療計画を立てることができる。

2. 目標達成のための具体的行動計画

(1) 経験できる診察法、検査、手技

  1. 基本的検査及び処置
    尿検査(試験紙法、沈渣、単染色)、精液検査、尿道カテーテル留置
  2. 基本的臨床検査
    導尿IVP、尿道造影、膀胱造影排尿時膀胱造影、チェーン膀胱造影、腎、副腎、精巣超音波検査、膀胱内圧測定、尿量測定検査
  3. 基本的手技
    経直腸超音波下前立腺針生検
  4. 治療法および手術法
    消毒法、局所麻酔法、仙骨麻酔法、輸液、輸血、一般薬物療法、癌化学療法、尿道拡張術、陰嚢内疾患手術、陰茎小手術、膀胱切開術、ESWL
  5. 医療記録、記載
    POMRに従った診療録の記載術前患者のサマリーを作成、プレゼンテーション
  6. インフォームドコンセント、がん告知

(2) 経験できる疾病・病態

 尿路結石(腎、尿管、膀胱)、悪性腫瘍(腎、尿管、膀胱、前立腺、陰茎精巣)、先天異常(包茎、停留精巣、VUR、PUJ狭窄)、前立腺肥大症、神経因性膀胱、腎不全、尿路性器感染症

このページの先頭へ