宮崎県立日南病院

県立日南病院群卒後臨床研修プログラム

県立日南病院群卒後臨床研修プログラム

1. プログラムの特色

  1. 当院は、宮崎県の南部に位置する日南市にあり、日南・串間医療圏の公的医療機関として、HCU、CCU、NICUを備え、地域の中核病院として急性期医療や高度医療、救急医療を担っている。 当院のプログラムは、協力型病院3箇所(谷口病院、宮崎大学医学部附属病院、宮崎生協病院)、協力型施設7箇所(きよひで内科クリニック、串間市民病院、長崎県富江病院、長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センター、日南市立中部病院、県南病院、日南保健所)を加えた病院群を形成している。必修科目及び選択必修科目は基本的には当院での研修だが、精神科は協力型病院である谷口病院又は協力型施設である県南病院での研修となる。自由選択科目は当院に加え、宮崎大学医学部附属病院が標榜するほとんど全ての診療科や宮崎生協病院における小児科が選択できるなど、広範囲で高度な内容の研修を行うことが可能なプログラムとなっている。また、地域医療では県内施設のきよひで内科クリニック、日南市立中部病院及び串間市民病院に加え、長崎県五島市にある長崎県富江病院、長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センターでの研修機会も設けている。地域保健については、日南保健所での研修となる。

   2. 研修科目は次のとおりです。

 
項目 診療科(履修機関) 期間
必須科目 内科【県立日南病院】 6ヶ月
救急部門【循環器内科、麻酔科等:県立日南病院】 3ヶ月
地域医療
【きよひで内科クリニック、長崎県富江病院、長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センター、串間市民病院、日南市立中部病院】
1ヶ月
選択必須科目
(2科以上)
外科、整形外科、麻酔科、小児科、産婦人科【県立日南病院】 1~4ヶ月
精神科【谷口病院、県南病院】
自由選択科目 内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、麻酔科、放射線科、病理診断科
【県立日南病院】
1ヶ月~
第一内科、第二内科、第三内科、膠原病・感染症内科、精神科、小児科、第一外科、第二外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線科、麻酔科、脳神経外科、救急部、 集中治療部、病理部
【宮崎大学医学部附属病院】
1~6ヶ月
小児科【宮崎生協病院】 1ヶ月~
地域医療
【きよひで内科クリニック、長崎県富江病院、長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センター、串間市民病院、日南市立中部病院】
1ヶ月~
地域保健【日南保険所】

※長崎県富江病院、長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センターは長崎県病院企業団の構成病院で、長崎県五島市に位置する。

  1. 本院の研修プログラムは、基本研修科目の内科(6か月)、救急(3か月)、地域医療(1か月)、選択必修科目I(1~4か月)、選択必修研修科目II(1~4か月)を基本プログラムとし、残りの期間を研修医の自由選択研修期間とする。
     なお、選択必修科目3科目目を選択する場合は、自由選択科目として取り扱う。
     また、救急部門の研修については、循環器内科、麻酔科等で集中的に行うほか、月3~4回の当直・日直において実施する。
【例示】
1年目   2年目  
・内科(必修) 6か月 ・地域医療(必修) 1か月
・救急部門(必修) 3か月 ・選択必修研修科目Ⅱ 3か月
・選択必修研修科目Ⅰ 3か月 ・自由選択科目 8か月
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 内科(必修) 救急(必修) 外科(選択必修)
2年目 地域
医療
小児科(選択必修) 自由選択科目 自由選択(宮崎大学)

(注)1 精神科及び地域医療、地域保健の研修は、協力型病院等で行う。
(注)2 麻酔科、救急部門は、麻酔科及び救急センターで研修を行う。

  1. 研修期間2年とする。
    研修後は、1年更新のレジデント制度を設けている。

2. 臨床研修の目標

 2年間の研修を本院及び協力型病院等で行い、全人的な診療を行えるよう基礎的な知識、技能、態度を身につけ、基本的な診療能力を修得し、厚生労働省の示す「臨床研修の達成目標」を達成する。

3. 研修協力病院及び協力施設

研修科目 病院及び施設の名称
精神科 医療法人同仁会 谷口病院、医療法人十善会 県南病院
小児科 宮崎医療生活協同組合 宮崎生協病院
地域医療 きよひで内科クリニック、長崎県富江病院、長崎県奈留病院、串間市民病院、日南市立中部病院
地域保健 宮崎県日南保健所

4. プログラム責任者の氏名

区分 役職及び診療科 氏名
プログラム責任者 副院長兼栄養管理科部長 原 誠一郎

5. 現在研修中の人員(平成29年4月現在)

  • 基幹型病院としての研修医7名(1年次4名、2年次3名)
  • 協力型病院としての研修医2名

6. 研修医の指導体制

  • 指導医のもとマンツーマン方式による。
    指導医数14名(協力型施設を除く)

7. 研修医の処遇に関する事項

(1) 身分 県非常勤職員
(2) 研修基本手当 月額
1年次:316,000円  2年次:332,000円
(3) 時間外勤務 有(手当支給)
(4) 当直 有(1月当たり4回程度・1回あたり15,000円手当支給)
:研修基本手当、時間外勤務手当及び当直手当の合計から雇用保険料、社会保険料及び所得税を控除した金額が、一年次:約35万円、二年次:約38万円となる見込み。
(5) 宿舎 必要に応じマンション等を借り上げ
(6) 基本的な勤務時間 8時30分から17時15分まで
(7) 有給休暇 一年次:10日、二年次:11日
(8) 公的健康保険:社会保険 公的年金保険: 厚生年金
労働者災害補償保険法の適用: 有
雇用保険: 有
(9) 医師賠償責任保険に
 関する事項
病院において加入 ただし、個人加入は自己負担で任意
(10) 外部の研修活動 1. 学会、研修会等への参加:可
2. 上記の参加費用支給の有無:有

8. その他

 病院見学・実習を希望される方、ご質問のある方は、下記までご連絡下さい。

〒887-0013 宮崎県日南市木山1丁目9番5号
宮崎県立日南病院 副院長兼栄養管理科部長  原 誠一郎
電話:0987-23-3111  FAX:0987-23-5142
E-mail:shara@pref-hp.nichinan.miyazaki.jp
Web:http://nichinan-kenbyo.jp/

※資料請求等

経営企画担当 伊達 貴弘(だて たかひろ)
電話:0987-21-1628  FAX:0987-23-5142
E-mail:date-takahiro@pref.miyazaki.lg.jp

このページの先頭へ